CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


わたしは、伊坂幸太郎さんの言葉に惹かれている、伊坂幸太郎さんのファンです。
わたしは伊坂幸太郎さんの言葉のセンスを大尊敬しています。
大好きな言葉は、わたしの心を豊かにしてくれます。
そして、心を豊かにしてくれる言葉は「名言」だと思います。
いつまでも、その名言を大事にしておきたいので書き留めておこうと思います。
このブログでは、わたしの心を豊かにしてくれる伊坂幸太郎さんの「名言」を手紙のように書いてみました。
<< Weather (2) (Happy Box) 【短編】 | TOP | 実験4号 後藤を待ちながら(1) 【短編】 >>
Crayon(1) (小説 野生時代) 【短編】



相手の発した言葉の裏には、
別の思惑、嫌味や批判、依頼が込められているのではないか、
と推察し、受け止める。
おそらく、言葉が最大のコミュニケーション方法となった
人間ならではの、生き残るための能力の一つなのだろう。



(雑誌「小説 野生時代 2014年2月号 P136」)

 

 

 

posted by 季ララ | 21:25 | 人間関係 | comments(0) | - |
コメント
コメントする